毎日夜で復習

始めてのアルバイトはカフェでのアルバイトでした。
大学に入ってすぐに決めました。以前からカフェで働くことに憧れていたので決断は早かったです。

始めてのアルバイトはとても緊張しました。出勤初日は眠れなかったほどです。出勤して始めはオーダーの取り方から教わりました。
新人に優しい店長で、先輩スタッフにも支えられて私は少しずつ仕事を覚えていきました。とにかく始めてだったものですから、先輩のお客様への答え方、動作のマネをしていました。

少しでも早く仕事を覚えなくては、と思って教えてもらったお仕事内容をメモした紙を毎日家に帰って確認しました。空いている日はいいのですが、混雑する日もあったのでみんなの迷惑にならないようにしたい、という気持ちで一心でした。

先輩スタッフは同じ大学生が多かったのでとても気遣ってくださいました。店長さんがいない日は先輩が教えてくれて、バイトのこと以外もたくさんお話ししました。
とにかく必死で仕事を覚えました。そしてお給料日になって通帳にバイト先の名前でお給料が振り込まれているのを見たときはひとしおでした。とても嬉しかったです。その日はアイスを買って家族に振舞いました。お金を稼ぐ、ということを学びました。

始めてのアルバイトはとて緊張の連続でした。毎日夜はメモをみて復習して、お客様への対応の仕方、メニューの確認、テーブル番号の確認を怠りませんでした。始めてのアルバイトというだけでとても緊張しているので、とにかくミスをしないように努力しました。

You may also like